肌荒れを治す処方薬と市販薬

肌荒れを治す処方薬と市販薬

肌荒れを食事やスキンケアなどで改善しようと考えて試してみても効果が現れず、逆に悪化してしまったり長引いてしまったりする場合は皮膚科での治療も必要になります。皮膚科では普段の生活習慣や肌荒れの状態や期間、使っている化粧品などを質問され、状態によって薬が処方されます。

 

皮膚科で処方される薬はそれぞれに状態に合わせたものであり、乾燥が原因の肌荒れで軽症の場合には保湿材やワセリン、ヒルドイドローションやヒルドイドクリームなどが処方されることが多いようです。乾燥が原因となっているので基本的には集中的に保湿できるような薬が多いでしょう、白色ワセリンであればドラッグストアなどで購入することもできるものです。

 

乾燥が重症化している場合やアトピー性皮膚炎の場合に処方されるのはステロイド剤や抗ヒスタミン剤となります。かゆみや炎症を抑える薬としては即効性が高いものなどで症状を比較的早く抑えることができるのですが、使い続けることで重篤な副作用を引き起こすことがあるので、専門医の説明を十分に理解し長期的な使用は控えなければなりません。

 

ニキビ治療に用いる薬としてはヒーリング剤や抗生物質、ホルモン剤などがあり、ニキビの原因となる菌の繁殖を抑えたり、男性ホルモンの分泌を抑えたりすることで治療を行なうことができます。皮膚科で処方される薬以外に市販の薬でも肌荒れに効果的なものは多くあり、代表的なものとしてはオロナインがあります。

 

乾燥肌は特に効果的ですが、肌質が脂っぽい場合はニキビの原因となることもあるので自分の肌質を確かめてから使用するようにしましょう。また内部から肌荒れを改善することができるのがチョコラBBなどの飲み薬で生活習慣や食生活の見直しのサポートとして取り入れてみるのもよいでしょう。