チークによる肌荒れ

チークによる肌荒れ

可愛らしく見せたり華やかに見せたりする為に使われるメイク道具の一つがチークです。季節やテイストに合わせて印象を変えることができるので普段から使用している女性も多いのではないでしょうか。ですが中にはチークを使うと肌荒れをするという女性も多いようです。また生理前など特定の期間だけチークが合わなくなると言った声もあります。これはどうしてなのでしょうか。

 

チークによって起こる肌荒れの最大の原因はチークの成分にあります。発色の良いチークの中にはタール色素を含んでいるものも多く、肌荒れやシミなどの原因となってしまうのです。肌の状態は個人差はもちろんのこと生理前など身体の状態によっても変わってきます。

 

タール色素が入っていても大丈夫な人や大丈夫な時期などがるので、カラーの好みだけではなく自分の肌との相性などもしっかりと確認してから使いましょう。また最近ではオーガニックなど天然成分にこだわったチークなどもたくさん登場しているのでこういったものを中心に使用するとよいのではないでしょうか。

 

乾燥肌の人はチーク選びの際にパウダータイプではなくクリームタイプを選びましょう。粉っぽいパウダータイプの場合は乾燥をさらに悪化させる可能性があるので注意が必要です。チーク選びに気をつけてもやはりまだ肌荒れする場合にはブラシやパフなどが生活に保たれているか見直してみましょう。

 

ブラシやパフを不衛生なまま使い続けると肌荒れの原因になります。中にはブラシやパフ事態が肌に合わない場合もあるので何か以上が現れた場合には使用を中止して様子を見るようにしましょう。