マスクが肌荒れの原因になる

マスクが肌荒れの原因になる

風邪を引いた時や花粉症の時期などにマスクを使用するという人も多いのではないでしょうか。また最近ではマスクがファッションアイテムの一つとなっていることから特に身体に異常がなくてもマスクを日常的に使用している人もいたりします。ですがマスクは肌荒れを引き起こす原因となることがあり注意が必要です。

 

マスクをつけているとマスクによって摩擦が起こり肌に刺激を与えてしまいます。乾燥などでもともと肌荒れが起こっていたり、ニキビなどができていたりする部分にマスクの摩擦が加わるとさらに悪化させてしまう可能性があるのです。

 

最近のマスクは抗菌作用のあるものも多く、風邪をひいた時などに周囲の人に菌が移るのを防止することができるのですが抗菌作用のあるマスクには抗菌剤が使われており、肌に抗菌剤が触れることでも肌荒れが起こってしまうのです。またマスクをつけている間は呼吸をすることによってマスクの中が蒸れてしまうのですがこれによって雑菌などが繁殖し、これも肌荒れの原因となります。

 

マスクで肌荒れを起こさいないようにするにはマスクをこまめに取り替えたり、長時間の使用は避け、どうしても長時間つけなければならない時はこまめに空気を入れ替えるなどマスク内の換気をよくしましょう。またマスクが当たる部分には肌荒れ対策専用のスキンケアを行うことで雑菌などの繁殖を防ぐことができ、これらが肌荒れ対策をする上での正しいマスクの使用方法となります。