女性ホルモンと食事

女性ホルモンと食事

バストアップをする上で欠かせないものが女性ホルモンです。バストの9割は皮下脂肪で出来ているのですが、この皮下脂肪に守られるようにして存在するのが母乳を蓄えたり、母乳を運ぶ為の乳腺組織であり、この乳腺組織は女性ホルモンが活性化することによって発達するのでバストアップに効果があるのです。

 

女性ホルモンはこの他にも肌トラブルの解消、女性らしいS字ラインのボディを作る効果、ツヤやハリのある美髪効果、更年期障害の減少などがあり、女性が美しさや若々しさを維持する上で欠かせないものと言えるでしょう。

 

ですがこの女性ホルモンは、乱れた生活習慣や食生活、ストレスやちょっとした環境の変化などによって影響を受けることによって体内のホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが増えてしまうのでバスト小さい、体毛が気になるという場合には男性ホルモンが増えている可能性が高くなります。

 

バストアップをして女性らしい体つきにしたり、美容効果を得る為には女性ホルモンを増やしてホルモンバランスを整えましょう。女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た構造を持ち、働きも似ているものがイソフラボンですので、大豆製品などから積極的にイソフラボンを摂取することによって減少したエストロゲンを補うことができます。

 

大豆の他にはザクロにもイソフラボンが多く含まれており、この他には体内のイソフラボンの分泌を高める効果があるのがキャベツに含まれるボロンと呼ばれる栄養素です。大豆製品やキャベツであれば手軽に食事に取り入れることができる食材でしょう。

 

また最近注目されているのが大豆に含まれるイソフラボンの40倍のイソフラボンを摂取することができるマメ科の植物プエラリアミリフィカです。プエラリアミリフィカはサプリメントなどで取り入れることができるようになっています。参考:http://www.luxuryfiend.com/