もし肝機能が悪いと言われたら

もし肝機能が悪いと言われたら

肝臓病は早い時期には、ほとんど症状が出ないのが特徴です。非アルコール性脂肪性肝炎も例外ではなく、健康診断や人間ドッグの肝機能検査がきっかけで発見されることが多い病気です。

 

しかし、その時点では非アルコール性脂肪性肝炎という病名が付くわけでもなく、痛みなどもなく、黄疸や腹水などの症状も出ないため「わざわざ病院に行く必要もないだろう」と放置してしまう人も少なくありません。肝機能が悪いと言われたら、一度専門の医師がいる病院で精密検査を受けることをオススメします。

 

では、実際に会社などの健康診断で肝機能が悪いと言われた時、どこへ行けばいいのでしょうか。まずは、肝臓病かどうか、どのくらい進行しているのか、きちんと検査してもらう必要があるので、肝臓病専門の医師のところへ行くことが大切です。

 

医師を選ぶ際、ひとつの目安になるのは「肝臓の専門医」あるいは「消化器の専門医」であるかどうかです。開業医でも大学病院でもかまいません。かかりつけの病院がある場合は、まずその先生に相談して、適切な専門医を紹介してもらうのもいいでしょう。

 

最近では地域医療連携といって、クリニックなどのかかりつけ医と、大きな病院などの専門医が連携して、地域で一人の患者を見ていくシステムができています。専門的な検査や診断は大きな病院の専門医が行い、病気が安定してきたら、日常の健康管理を含めて継続的な治療は、通いやすい近くのかかりつけ医が担当するというシステムです。